幼きイエス会・雙葉高校・上智大学・聖イグナチオ教会・女子パウロ会。「隅の親石」を捨てる戸建住宅建築業の会社。聖パウロ修道会が作ったらしい文化放送――番町教会と四谷界隈のキリスト教関連施設【3/4】

[第581回]
  日本キリスト教団番町教会の北側の「番町学園通り」で西側を見ると、
DSC00907.JPG
「カトリック女子修道会 幼きイエスの会」の建物が見えます。

  「番町学園通り」を西の端まで行き、見あげると ↓
DSC00910.JPG

( ↑ 千代田区 幼きイエス会。 )
窓の上の方に十字架がかかっています。

  JR中央線・東京メトロ丸の内線「四谷」駅を出ると、正面に雙葉高校と「幼きイエス会」の建物が見えて、右手に上智大学とカトリック 麹町聖イグナチオ教会とがあります。
  「キリスト教系の大学」でも、東京の青山学院・立教、関西の同志社・関学はプロテスタント系ですが、上智大学はカトリック系で、カトリック麹町聖イグナチオ教会は上智大学と一続きの敷地にあります。
  雙葉学園は小学校・中学校・高校が女子校で幼稚園は共学らしいけれども、運営している「幼きイエス会」はカトリックの女子修道会らしい。
  四ツ谷駅の南北にカトリック系の上智大学と雙葉中学校・高校とが向き合って位置しています。

  道路を隔てた四ツ谷駅や上智大学の側から見ると、↓
DSC00921.JPG
↑ (左)雙葉高校。 (右)幼きイエス会
幼きイエス会 の建物は縦長の窓の上部に十字架がとりつけられていますが、雙葉高校の方は窓自体が十字架の形になるように作られています。

  四ツ谷駅の所に橋があるのですが、橋の下は水が流れているのではなくJR中央線が橋の下を走っています。
その橋の北側から見ると、↓
DSC00943.JPG
↑ 幼きイエス会。

DSC00945.JPG
↑ これは、橋の北側、四ツ谷駅の道路を隔てた向かい側の雑居ビルの2階のイタリアンレストランの窓から撮らせてもらった写真です。
(左)雙葉高校。 (右)幼きイエス会。

   その向かいにあるのが、↓
DSC00912.JPG
↑ 右の円筒形の建物が カトリック 麹町聖イグナチオ教会 で、正面の建物に「上智大学」と書かれているように、正面・左と聖イグナチオ教会の後ろの建物が上智大学の建物です。
DSC00915.JPG
↑ 上智大学。
  大学でも、東大とか慶應・早稲田とか共学で規模がある程度以上大きい大学ですと、◇◇大学てどんな所なんだろうと平気で入って見学してきたりするのですが、上智大学も今では規模もそれなりの規模で総合大学で共学ですが、雰囲気としては「こじんまり」した雰囲気です。
  女子大の場合は男は入ってはだめというのが普通で、それを入ろうなどとすると「不審者」としての扱いを受けるはずです。ましてや、女子高になると男はうかつには入れません。だから、↑ の雙葉高校とかも、あの十字架の形の窓というのは内側はどうなっているのだろうか・・とか建築探偵団としては気になるのですが、だからと言って入り込もうなどとすると、女の子たちから「へんた~い♪」とか大喜びで言われそうで、だからと言って「誠に申し訳ございませんが、わたくし、決して悪いこといたしませんのでえ」とか『ドクタースランプ』の則巻千兵衛みたいに正面から断ったりすると、ま~すます怪しい♪ いかにも怪しい♪ ・・とか思われそうで、だから、女子高の建物なんてのは遠くから見るくらいにしておくしかない。
※ 《YouTube-Dr スランプ アラレちゃん OP ED》https://www.youtube.com/watch?v=oPYgijgqRGo

  カトリック麹町 聖イグナチオ教会は上智大学とは別に、JR・東京メトロ「四谷」駅に近い側、堤に沿った道の側に入口があります。↓
DSC00918.JPG

  カトリック麹町聖イグナチオ教会 のホームページ https://www.ignatius.gr.jp/index_j.html の「カトリック麹町イグナチオ教会について」https://www.ignatius.gr.jp/info/stignatius.html によると、聖イグナチオ教会 の名前はイグナチオ=デ=ロヨラ(イグナチウス=デ=ロヨラ)〔イエズス会の創設者〕の名前からつけられたものだそうです。 
※ 《コトバンクーイグナチウス・デ・ロヨラ》 https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%A8%E3%83%A9-30230
  「教会内マップ」https://www.ignatius.gr.jp/info/stignatius.html#map を見ると、↑ の円筒形の建物が「主聖堂」らしい。

DSC00925.JPG
↑ ↓ 入口のすぐ道脇に塔があって十字架が掲げられています。↑ ↓
DSC00920.JPG
  その道路側の建物の1階に ↓
DSC00919.JPG
「教会案内所」で、《聖パウロ女子修道会が運営するお店》らしい。
聖イグナチオ教会HP の「聖イグナチオ教会について」「教会案内所」https://www.ignatius.gr.jp/info/stignatius.html#st-paul によると、
《 聖書をはじめとするキリスト教関係の書籍やCD、ロザリオ、ご像、おメダイ、カードなどを取り揃えています。》ということです。
  たしか、十何年か前、もう少し南の方、堤に沿った道、「ソフィア通り」と今は名づけられているらしい道沿いに、女子パウロ会の売店があったと思ったのですが、ふと気づくと見当たらなくなっていたのですが、今はこの場所に設けられているということでしょうか。

  私はカトリック系の幼稚園に行っていたので、幼稚園と同じ敷地にカトリック教会があって黒い服を着たシスターを見かけることがあったのですが、幼稚園児だった頃、その黒い服を着た人というのが、なんだか怖くて、又、幼稚園の先生にも黒い服を着た人とそうではない普通の服を着た普通の人がいて、私の担任の先生は年少組の時も年長組の時も「普通の人」だったので、クラスが決まった時、「普通の人」が担任だと決まった時は「よかったあ」と思ったものでした。
  「怖い」という印象があったと言っても何か怖いことをされたわけではありません。何か怖いことをされたわけではないのですが、幼稚園児にとっては、なぜか、黒いシスターの服を着た人というのが怖い印象があったのです。
  ところが、不思議なもので、成人してからシスターの黒い服を着た人を見ると、むしろ、黒い服を着たシスターというのは優しいという印象を感じ、むしろ、かつて行ったカトリックの幼稚園と同じ敷地内にあったカトリックの教会にいたシスターのことを思い出してなつかしい気持ちがして親しみを感じます。

  《ウィキペディアー女子パウロ会》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AD%E4%BC%9A によると、「聖パウロ女子修道会」「女子パウロ会」は同じ意味で、《 1915年にイタリアのアルバで創立されたキリスト教 カトリックの女子修道会 》だそうです。
  四ツ谷駅の北西側に「聖パウロ会」の東京宣教センターと売店の「サンパウロ」がありますが、《ウィキペディアー女子パウロ会》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AD%E4%BC%9A によると、駅の逆側にある「聖パウロ会」の東京宣教センターと売店の「サンパウロ」を運営する《 イタリアの司祭ヤコブ・アルベリオーネ(福者)が1914年にアルバで創立したカトリックの男子修道会 》(《ウィキペディアー聖パウロ修道会》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AD%E4%BF%AE%E9%81%93%E4%BC%9A )という《男子修道会の聖パウロ修道会とは兄弟会にあたる。》そうです。

  ところで、文化放送というと「まかせてチョンマゲ、ニッポン放送」ではなくて「はっきり言って、ライオンズびいきの文化放送ライオンズナイター」の文化放送。 フジ=産経グループの文化放送・・と思ってきたのですが、《ウィキペディアー文化放送》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%8C%96%E6%94%BE%E9%80%81 によると、
《 カトリック布教を目的に、聖パウロ修道会が1951年に設立した「財団法人日本文化放送協会」(NCB) を前身とする
開局時は「日本文化の向上を図るとともに、真善美の理想と正義、人道を基調とした健全な民主主義思想の普及、国家の興隆と民族の繁栄に資する」と理念を掲げた。 しかし、開局の際にNHKからレッドパージされた職員を大量採用したことで労働争議が頻発し、宗教色に対する周囲からの警戒感や、娯楽番組の少なさによる聴取率の低迷、小出力による放送地域の狭さ、営利を重視しなかったことなどから、経営状態が悪化して代表者が頻繁に入れ替わったり、「共産圏の日本向け放送ではないか」と言われるほどに放送内容が偏向し、左傾・反米化していた日本労働組合総評議会(総評)に乗っ取られるなどの噂もあった。
  これに危機感を抱いた財界は旺文社、講談社等の出版社や各界企業と協力して対抗策を講じる事にした。結果、聖パウロ修道会と聖パウロ女子修道会は局運営からの撤退を余儀なくされ、財団法人日本文化放送協会は解散した。ただし、聖パウロ修道会は、現在も文化放送の筆頭株主であり、役員を送り込んでいる。》
という経緯の放送局だったらしい。

  東京圏のラジオ放送局では、ラジオ日本とニッポン放送があり、関西では朝日新聞社ーテレビ朝日 とともに、読売新聞社ー読売テレビ とつながりがあるのが、東京では読売新聞社とつながりがあるテレビ局は読売テレビではなくて、日本テレビであるが、ラジオの場合はラジオ日本と「まかせてちょんまげ」ニッポン放送があり、「まかせてちょんまげ」の方は読売の系列ではなくて《産経新聞、夕刊フジ、サンケイスポーツなどを発行する産業経済新聞社やフジテレビとともにフジサンケイグループを構成する中核企業である。》(《ウィキペディアーニッポン放送》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E6%94%BE%E9%80%81 )で、ラジオ日本の方が《通称はラジオ日本(ラジオにっぽん)。旧社名はラジオ関東(ラジオかんとう)。日本テレビホールディングスの非連結子会社(2000年代から)[5]。》で、《1977年までは毎日新聞社から全国ニュースの供給を受けていたが、1978年に供給元を読売新聞社に変更。》 《経営混乱の収束に辺り、日本テレビ(日テレ)の資本参加を受けて傘下に入っており、日本テレビホールディングス(NTV HD)の公式サイトでは「日本テレビ系ラジオ中波放送」として紹介している。》(《アール・エフ・ラジオ日本》https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA%E6%97%A5%E6%9C%AC )と、
読売新聞社ー日本テレビーラジオ日本
産経新聞社ーフジテレビーニッポン放送
というつながりらしい。しかし、そうなると、文化放送はどうなんだ・・ということになる。
《 文化放送は財団法人時代から数回ほどテレビ放送の免許を申請しているが、周波数が足りないという理由で却下されている。後にニッポン放送 との共同出資で、フジテレビの設立に参加しフジサンケイグループの一員となっている。 
  一方、旺文社を通じてテレビ朝日と交流していた期間が長きに亘って続いた。人気番組のCMや埼玉西武ライオンズ戦や東京国際女子マラソン → 横浜国際女子マラソン → さいたま国際マラソン中継。現在は全日本大学駅伝対校選手権大会などのスポーツ中継番組を始め、文化放送とテレビ朝日が連携しているケースが少なくないため、現在も関係は続いている。》(《ウィキペディアー文化放送》
と、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E5%8C%96%E6%94%BE%E9%80%81 )
と書かれており、文化放送というのはフジ=産経=扶桑社 の右翼グループの一員かと思っていたら、《スポーツ中継番組を始め、文化放送とテレビ朝日が連携しているケースが少なくない》ということもあるそうで、筆頭株主は産経新聞社とかフジテレビとか扶桑社とか右翼団体のどこそことかではなく、聖パウロ修道会30% らしい。
  フジ=産経=扶桑社のグループのラジオ局は「まかせてちょんまげ」ニッポン放送 の方で、文化放送はもともとはカトリックの修道会の「聖パウロ会」が始めた放送局だったらしいが、今では「フジサンケイグループの一員」ということフジ=産経とつながりが深いということらしい

  聖イグナチオ教会 の入口脇の掲示ケースに、↓
DSC00917.JPG
「家を建てる者らの捨てた石が
 隅の親石となった。
 それは主の業
 わたしたちの目には不思議なこと。
( 詩編百十八章 二十二~二十三節 )」

という『聖書』の文句が書かれている。
  私はこの文句が好きだ。この文句を聞かせてやりたい戸建住宅建築業の会社の経営者がいる・・が、聞かせてやっても「見ても見えず、聞いても悟らないであろう」けれども( 一一)
  (株)一条工務店https://www.ichijo.co.jp/ の「初代社長」の大澄賢次郎が、1990年代、「(株)一条工務店は大企業になった。人みたいなもん、求人広告さえ出せばいっくらでも採用できる。求人広告の費用はいくらでもかけろ。求人広告の費用はいくらでもかけて、中途入社の従業員はどんどん採って片っ端からやめさせろお!」と叫んでいたというのだが、日本国の労働法はそういった対応を認めていませんし、そういう傲慢な口をきいているとその報いは必ず受けるであろう・・と思ったし、「おまえら、そのうち、刺されるぞお」と思ったら、不思議なことに「刺される」のではなく、その「初代社長」大澄賢次郎のドバカ息子で関連会社の(株)日信 の社長になっていた大澄隆史(男。当時、20代)が同棲していたこともある女性を刃物で百カ所以上刺して刺し殺して懲役20年の実刑判決を受けるという事態が発生した。「そんなことでは、しまいに刺されるぞお」と思ったら「刺される」のではなく逆に、刺しよった( 一一)
  もしも、「大企業になった」ならば、「人みたいなもん、いっくらでも採用できる」のかというと、それは「生物学上の人」であれば比較的採用しやすいであろうけれども、そうではなくて、「その会社で役立ってくれる信用できる人」を採用したいと思ったならば、「いっくらでも採用できる」などということは、断じて、ない! 大澄賢二郎はそのあたりを理解できていなかったのか、理解できた上で「生物学上の人」でさえあればいいと認識していたのか。
  そんな採用しているものだから、だから、変な人もいっぱい入ってきた。「大澄社長が『人みたいなもん、いくらでも採用できる』とおっしゃっているというお話ですが、そのわりには、入社してくる人を見ると、そんなに優秀な人がいっぱい入ってきているようには思えないのですけれどもねえ」と、ベテランの某さんに話したところ、某さんは「違うの、違うの。優秀な人が応募してきてくれるか応募してくれないかの問題じゃないの。バカが採用やってるから、だから、採用すべき人を不採用にして、不採用にすべき人を採用してるの」と言うのでした。「そうかもしれませんね」と私は答えたのだった・・が、実際、(株)一条工務店の採用は「そうかもしれない」状況だった。なおかつ、採用担当者が「そんなもの」であったならば、それならそれで、慶應大学商学部で労務管理論・労働法・労働経済学などを学び、心理学・カウンセリングなども学んできて、前職として他の会社で人事総務部で採用の仕事に従事したこともある私が入社しているのだから、私をそういう方面に配属してくれるか、そうでなくても意見をきいてくれればいいのに・・・と思ったのでしたが、1993年、(株)一条工務店は私が入社2年目にさしかかろうという時、営業本部長の天野隆夫が「いやあ、〇〇くんが応募してきた時はびっくりしたなあ。うちの会社に慶應大学卒の人が応募してくれるのかとびっくりした」と話したので、私は、歴史の浅い会社で・未上場の会社で・従業員数はその時点で千人未満の会社で・地方に本社がある会社で・浜松ではともかく東京圏や関西圏では無名の会社であるけれども、そこまで喜んでもらえるのなら悪くないかもしれないと思い、そこまで喜んでくれる会社と、そう思って採用してくれた人のために大いに尽力したいものだと思ったものでしたが、(株)一条工務店は「いやあ、〇〇くんが応募してきた時はびっくりしたなあ。うちの会社に慶應大学卒の人が応募してくれるのかとびっくりした」と言って、慶應大学商学部で労務管理論・労働法・労働経済学などを学び、心理学・カウンセリングなども学んできて、前職として他の会社で人事総務部で採用の仕事に従事したこともある私を採用しても「塩漬け」にして「冷や飯」食わせて面白がるだけという使い方しかできない会社でした。それだけではなく、2001年、総務部長の天野雅弘(男。当時、40代後半か50代前半?)は私に「アホか。そんなもん、一族でもない者に人事だの総務だのなんてさせるわけないだろうが。何、考えてんだ」などと発言したが、天野雅弘こそ「何、考えてんだ」であろう。「浜松地方の工務店」ならば「人事とか総務とか」は「一族の仕事」でいいだろうけれども、全国企業になっていこうという会社においては人事総務は「一族の仕事」というのではやっていけないのではないか。一族の人間もいてもいいけれども、やっぱり、私のように旧帝大系国立大学か早慶くらいの大学の社会科学系学部卒で《労務管理論・労働法・労働経済学などを学び、心理学・カウンセリングなども学んできて、前職として他の会社で人事総務部で採用の仕事に従事したこともある》というような人間を人事総務に配属して仕事をさせないといけないはずだった・・・が、「学歴コンプレックスの塊」の経営者にはそう考える思考能力は欠落していた。
   その結果、「違うの、違うの。優秀な人が応募してきてくれるか応募してくれないかの問題じゃないの。バカが採用やってるから、だから、採用すべき人を不採用にして、不採用にすべき人を採用してるの」ということになった。まさに、
「家を建てる者らの捨てた石が
 隅の親石となった。
 それは主の業
 わたしたちの目には不思議なこと。
( 詩編百十八章 二十二~二十三節 )」

というものだった。
  1998年だったか1999年だったか、栃木県の「リーダー会議」に出席した時のことだが、その頃、(株)一条工務店は「企業提携」というものをおこない、「提携企業」に勤務している人にはそうではない人とは違うサービスをおこなうということを始めたのだが、ところが、そのかわりに営業社員の1棟あたりの歩合給は「提携企業」に勤務している人の契約は0.5棟分としてしまった。いくらなんでも、0.5棟分はひどいだろう・・と多くの営業社員は口にした・・が、中には「イヌの松下」とか、そういうことがあると常に使用者・経営者側について自分だけ優遇してもらおうとする従業員というものもいた。
  「リーダー会議」の時、埼玉県の方の展示場の「リーダー」だったS本さん(私と同じ年の私より少し後での入社だったが年齢は私より年上だった)が「相当、契約を獲得してきた人ならば、0.5棟扱いと言われてもまだいいかもしれませんが、たとえば、うちの営業所の◇◇くんなんかは入社してなかなか契約をしてもらえず、苦労して努力してやっと1棟契約をもらえた・・と思ったら、そのお客さんの勤め先が提携企業だったということで0.5棟扱い・・とそういうのは、これはきついと思うのです。なんとか、考えていただけませんか」と自分自身はその「相当、契約を獲得してきた人」の方であって、それでもなんとかやっていける方の人であっても、売れていない人の立場も考えて発言できる人で、又、言葉を選んで話せる人であり、この人はたいしたもんだなと思ったのでしたが、そうすると、その時、栃木県・埼玉県地域の営業社員ではないのになぜかたまたま来ていた松下という男(当時、40代前半)が「そう考えずに、0.5棟扱いでも企業提携があることで契約が取りやすくなると、そう考えればいい」とまったく答えになっていない発言、そう言うことで営業社員全般の主張・立場を踏みつぶして自分だけが使用者・経営者に取り入ろうとする浅はかな態度の発言をおこなったのでしたが、私はそれを聞いて、この松下という男は「成長しないなあ」と思ってがっかりしたし、又、この男は死ぬまでこの調子の人間なのだろうなあ・・とも思ったのでしたが、(株)一条工務店という会社の使用者・一族経営者はS本さんのように、自分自身はたとえ0.5棟扱いでもなんとかやっていける人間でありながら売れていない人の立場も考えてそういう人のために代弁することもできる人で、又、言葉を選んで話を遠そうとする能力も持ち合わせている人であり、会社はこういう人は大事にしないといけないはずだがと思い、逆に松下という男は、この男はどうしようもないなあ( 一一)・・と思ったのでしたが、この(株)一条工務店の一族経営者というのは、そのどうしようもない男の方を優遇して、大事にしないといけないと思われる方の人をうとんじる会社・経営者であり、S本さんに「この人、気の毒になあ」と思ったのでした・・・が、ふと、「他人事じゃないなあ」と気づいたのだった。本来、大事にしないといけない人間のはずなのに、逆の扱いにされているというのはS本さんだけではなくて、私自身がその立場になっているではないか・・と気づいたのだった。世の中、「ベンチがアホやから野球ができん」という会社・経営者はいるけれども、そう思っても口にしないで苦労して我慢して勤めてきたけれども、
「家を建てる者らの捨てた石が
 隅の親石となった。
 それは主の業
 わたしたちの目には不思議なこと。
( 詩編百十八章 二十二~二十三節 )」

と、「隅の親石とな」るべき人間を粗末にして「家を建てる」会社の経営者が「捨て」るという、それは採用の時点だけではなくて、採用後においても・入社してからもあてはまっていたのではないか、と気づいたのだった。
  この『聖書』の文句は重要だ。「作家で精神科医」の なだ いなだ は『娘の学校』(中公文庫)で「どのような賞を受賞しているかで人の値打ちが決まるのではない。どのような人が受賞しているかでその賞の値打ちが決まるのだ」と述べているが、その通りである。会社という所においても「どのような役職につかせてもらっているかでその人の値打ちが決まるのではない。どのような人がその役職についているかでその役職が決まるのだ」という面が間違いなくある。その基準から考えるならば、(株)一条工務店の役職なんてものは、クズである・・が、そうはいっても、そこに勤めている限り、そこで給料をもらわないといけないのであるから、そうも言ってられない面がある。又、転職する場合に前職の役職や給与金額を前提に決められてしまう場合があり、前職の会社での評価をそのまま受け入れるしか能がない使用者・経営者というものもまた少なくない。
娘の学校 (中公文庫 A 14) - なだ いなだ
娘の学校 (中公文庫 A 14) - なだ いなだ

DSC00913.JPG
↑ 聖イグナチオ教会 の上智大学の入口に近い側、縦長の窓には下から上までステンドグラスが入っているようだ。
そちらの側にも掲示用のボックスが設けられている。↓
DSC00914.JPG

  2000年代、千葉県のリフォーム会社の(株)ウッディホームhttps://www.woodyhome.com/ で入社時に研修用のビデオを見せられたのだが、どこで手に入れてきたものかわからんが、滋賀県の大店(おおだな)の跡取り息子の話で花登 筺(はなと こばこ)の小説みたいな話だったが、滋賀県の大店の息子に叔父が「おまえは大店(おおだな)のあとを継ぐという意味を誤解してはおらんか」と話す場面があり、「大店のあとを継ぐというのは、自分だけ楽してええ思いをする立場を継ぐということではないんやぞ。そうではなく、他の者がやらんような努力をして、他の者がやらんような苦労をして、他の者がやらんような我慢をするという、そういう意味なんやぞ。わかっておるか」と叔父が話すと、子供は「なんや。それなら、ええこと何もないやないか」と言うというものだった。実際は「ええこと何もない」ということはないはずだが、会社の経営者のあと継ぐということは「自分ひとりだけが楽してええ思いをすること」やと思っている社長もいるようだが、そうではなくて「他の者がやらんような努力をして、他の者がやらんような苦労をして、他の者がやらんような我慢をするという、そういう意味なんやぞ」と認識して取り組んでもらいたいものだが、そう認識している人もいるかもしれないが、そうでない人もいるようだ・・・が、私は「高卒のおっさんだらけの会社」の(株)一条工務店に「慶應大学商学部の卒業生として入社」したからには「他の者がやらんような努力をして、他の者がやらんような苦労をして、他の者がやらんような我慢をするという」勤め方をしないといけないと認識して、そういう勤め方をしてきたはずだったが、しかし、「ベンチがアホやから野球ができん」ような経営者の会社においては、「やらずぶったくり」にされてしまった。

  またもや、字数が多くなってきたので、上智大学の脇の道と堤、それに「聖パウロ修道会」の東京宣教センターと売店の「サンパウロ」、修道院製品の販売店「サンパオリーノ」などについては次回
《 聖パウロ修道会「サンパウロ」と修道院製品店「サンパオリーノ」。大阪星光学院なんて受けなくてよかった。上智大西側の通りと堤。信仰するなら神と『聖書』を信仰すべきで、「聖職者」を信仰するな! 価値観は多様化なんてしてないと思うぞ――番町教会と四谷界隈のキリスト教関連施設【4/4】》https://philoarchi2212.seesaa.net/article/202207article_4.html 
で述べることにします。

  (2022.7.21.)

☆ 日本キリスト教団 番町教会 と 四谷界隈の「キリスト教」関連施設。
1.市ヶ谷駅から番町教会へ。「結婚式場専用教会」と日本キリスト教団の教会を一緒にする安藤忠雄。「教会」と名づけたパフォーマンス建築の丹下健三。教会の建物は特別の建物でなくてよいけれども「教会らしい」建物の方がいい。息子には出さないカネをよその息子に「特別献金」する親とそれを勧める牧師 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/202207article_1.html
2.「さりげなく教会」型デザインの番町教会とさりげなく存在する十字架。背後から聴こえるオルガンはいかがか。「キリスト教系」学校出身者は慶應内部進学と共通点がある https://philoarchi2212.seesaa.net/article/202207article_2.html
3.幼きイエス会・雙葉高校・上智大学・聖イグナチオ教会・女子パウロ会。「隅の親石」を捨てる戸建住宅建築業の会社。聖パウロ修道会が作ったらしい文化放送 〔今回〕
4.聖パウロ修道会「サンパウロ」と修道院製品店「サンパオリーノ」。大阪星光学院なんて受けなくてよかった。上智大西側の通りと堤。信仰するなら神と『聖書』を信仰すべきで、「聖職者」を信仰するな! 価値観は多様化なんてしてないと思うぞ https://philoarchi2212.seesaa.net/article/202207article_4.html
※ (2016年4月) 東京のキリスト教書店1 「サンパウロ」「サンパオリーノ」及、四谷界隈。イナカモンの低俗「高級ホテル」 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201604article_3.html
  
★ 日本の教会シリーズ
東京都
東京カテドラル聖マリア大聖堂[東京都文京区]
(「建築家」と「建築屋」と「建築士」はどう違うのでしょうか??? 〔引っ越し掲載〕)https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201101article_3.html
日本キリスト教団 本郷中央教会[東京都文京区](ヴォーゲルhttps://philoarchi2212.seesaa.net/article/201412article_1.html
日本ハリストス正教会 東京復活大聖堂(ニコライ堂)(ミハイル=シチュールポフ・ジョサイヤ=コンドル) https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201512article_2.html
サントリーホール背後の霊南坂教会十字架 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201612article_1.html
青山学院 1.ウェスレー像 他 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201702article_2.html
  2.ガウチャー記念礼拝堂・蔦のからまるチャペル 他 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201702article_3.html
新国立美術館 安藤忠雄展。「光の教会」(大阪府茨木市 日本キリスト教団 茨木春日丘教会 教会堂の「復元」 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201711article_11.html
早稲田奉仕園 スコットホール・友愛学舎、信愛学舎 訪問。
1.スコットホール・奉仕園会館・友愛学舎・ベニンホフ像 他 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201801article_5.html
2.信愛学舎。「・・・のために」なしで生きられない人。いかさまの慈善。慶應の不良サークル。https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201801article_6.html
3.聖書を否定する「敬虔なクリスチャン」。「クリスチャンの4大義務」。YMCA予備校はなぜだめか。https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201801article_7.html
4.「敬虔なクリスチャン」に取り上げられた聖書。入試で白紙で出して望みをかなえられた人と踏みにじられた者。 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201801article_8.html
5.国立大学の哲学科・宗教学科に行かせてもらえなかった私、大阪経大とトーシンダイ(東京神学大学)に行った牧師。https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201801article_9.html
6.私の親が私には出してくれなかったカネを「特別献金」で払ったカネで 私大出の男がトーシンダイに行った。https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201801article_10.html
田園調布と田園調布の教会
1. 魅力のある街(東京圏)。田園調布はどこまでか。態度の悪い不動産屋にへつらうな。https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_1.html
2. 放射線状道路の扇の要の位置の田園調布駅はおしゃれ https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_2.html
3. 放射線状道路の扇の要の位置の広場。 独特のデザインの田園調布駅 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_3.html
4. 居住環境を考えた田園調布の街並み。居心地のよい宝来公園 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_4.html
5  日本基督教団 田園調布教会(1) 高すぎる樹木、鎧をかぶったみたいな教会堂、倉庫みたいな建物 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_5.html
6.  同 (2) 跳ね返す素材、教会堂は重厚である必要があるか。「セコム、必要ですか」 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_6.html
7.  同 (3) 牧師館がなぜ教会堂の脇にないのか。遮る扉の玄関扉 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_7.html
8.  同 (4) 「ああ、無情」 「太客」vs「どうでもいい来場者」vs「酔っ払い」 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_8.html
9.  同 (5) バザーの際の違和感。 新教会堂ファサードは・・・みたい https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_9.html
10. 同 (6) パイプオルガン・ハンドベルと偶像崇拝・惑溺 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_10.html
11.台(うてな)人体実験と精神医学ファシズム 吉益脩夫 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_11.html
12.今は見当たらない「矢野一郎邸」と「旧人見純一画室」 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_12.html
13.カトリック田園調布教会と聖フランシスコ修道院 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_13.html
14.日本福音ルーテル田園調布教会、事故物件田園調布警察署 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201806article_14.html 
救世軍 本営[東京都千代田区]https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201905article_2.html
明治学院礼拝堂と記念館・インプリー館https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201912article_3.html

神奈川県
慶應義塾大学 YMCAチャペル[横浜市港北区](ヴォーリズ)https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201206article_3.html
日本キリスト教団 清水が丘教会[横浜市南区]https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201309article_1.html

愛知県
豊橋ハリストス正教会(正使徒福音記者マトフェイ聖堂) https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201609article_1.html

京都府
京都大学YMCA会館・地塩寮、京都府立医大橘井寮(ヴォーリズ)[京都市左京区] https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201705article_2.html
同志社 今出川校地
1.共学同志社見学。JRと京都地下鉄の駅名のつけ方。母親の自慢を本気にする男 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201902article_1.html
2.裏口入学は「庶民」か? 「思考が柔軟」か? 西門、彰栄館。 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201902article_2.html
3.グリーン設計の礼拝堂。「パンのみにて生きるにあらず」を理解する者しない者 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201902article_3.html
4.「ハリス理化学館 同志社ギャラリー」、大学からなくなるスピーカーズコーナー https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201903article_1.html
5.明徳館、『同志社のシンボルとなっている塔』のある建物。「美しき水車屋」の娘? https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201903article_2.html
6.千葉教会と同じリヒャルト=ゼール設計の「大志を抱け」とは別人のクラーク記念館 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201903article_3.html
7.寒梅軒、牛の像と大日如来石碑。有終館、致遠館、正門からすぐの良心の碑 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201903article_4.html
8.啓明館。ヴォーリズ設計は新島遺品庫。栂と黒松。京都御苑から相国寺 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201903article_5.html
9.アーモスト館。パラディアンウインドウ、ギャンブレル屋根。「アマースト大学」 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201903article_6.html
10.同志社女子大栄光館。武田五一知ってる? 学校は建築家が完成させない方がいい https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201903article_7.html
11.大丸ヴィラ・日本ナザレン教団上京教会・日本聖公会聖アグネス教会ほか https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201903article_9.html

大阪府
日本キリスト教団 南大阪教会[阿倍野区](村野藤吾)https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201206article_2.html
カトリック大阪梅田教会[北区]
《1》 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201405article_1.html
《2》 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201510article_5.html
高槻カトリック教会(高山右近記念聖堂)[高槻市] https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201510article_2.html
日本キリスト教会高槻教会[高槻市]https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201510article_4.html
日本基督教団東梅田教会(一粒社ヴォーリズ建築事務所) https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201604article_1.html
日本基督教団扇町教会 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201604article_2.html
日本キリスト教団 箕面東教会[箕面市] https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201709article_2.html
ガラシア病院[箕面市] https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201710article_7.html
日本基督教団 箕面教会
1.一般的「洋風教会型建物」だが使える建物の箕面教会 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201811article_2.html
2.府道から箕面教会。北川原公園・箕面川の紅葉はきれい。高層ビルは野蛮 〔今回〕
3.寺社と違って植木を刈らない牧師+「高卒のおっさん」との「競争」は災難 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201811article_4.html
4.「債権者に追われた」人て被害者ですか?「家が貧乏」なら慶應には行けませんか? https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201811article_5.html
5.「特別献金」でトーシンダイに行った男。「思考が柔軟だから」裏口入学の男。 https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201811article_6.html

兵庫県
神戸文学館(旧・関学 ブランチメモリアルチャペル)[神戸市灘区](ウィグノ―ル)https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201311article_1.html 
日本基督改革派神港教会・カトリック六甲教会[神戸市灘区]https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201312article_1.html
関西学院教会 と 関学 ランバス記念礼拝堂(一粒社ヴォーリズ建築事務所)、関学神学部棟(ヴォーリズ) 他[西宮市]https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201405article_2.html
カトリック夙川教会[西宮市] https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201406article_1.html
ショファイユの幼きイエズス修道会 修道院・アンティエの家。 日本キリスト改革派宝塚教会。仁川学院。 [宝塚市] https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201706article_1.html
カルメル会修道院・日本基督教団甲東教会・仁川学院[西宮市]https://philoarchi2212.seesaa.net/article/201909article_1.html
前田護郎選集 別巻 新約聖書 - 前田 護郎
前田護郎選集 別巻 新約聖書 - 前田 護郎
宗教批判をめぐる―宗教とは何か〈上〉 (洋泉社MC新書) - 田川 建三
宗教批判をめぐる―宗教とは何か〈上〉 (洋泉社MC新書) - 田川 建三
マタイ福音書によせて―宗教とは何か〈下〉 (洋泉社MC新書) - 田川 建三
マタイ福音書によせて―宗教とは何か〈下〉 (洋泉社MC新書) - 田川 建三
文語訳 旧約聖書 III 諸書 (岩波文庫)
文語訳 旧約聖書 III 諸書 (岩波文庫) 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック